「愛」は言葉の壁を超えるとは言っても、最低限の会話力は必要です ~ハングルが読めなくても【かな】で楽々マスター~

 

遠い昔、カラオケでよく歌っていた

桂銀淑(ケイ・ウンスク)の「すずめの涙」。

私はハスキーボイスぎみなので、

意外と評判が良かった。

そして、おじ様たちは、

気持ちよさそうに、チョー・ヨンピルの

「釜山港へ帰れ」を歌いあげていたっけ。

 

恐らくはそれが、

韓流ブーム前の日本の景色。

 

2000年、「冬のソナタ」が放映されると

第一次韓流ブームが到来。

今の私と、当時同世代くらいのおば様たちが

「ヨン様」「ヨン様」と熱狂していた。

 

2010年、チャン・グンソク主演の「美男(イケメン)ですね」や

K-POPのKARA 、少女時代が日本にやってきて

第2次韓流ブームが起こる

 

2016年、TWICE、BIGBANG、そしてBTSなどを中心に

第3次韓流ブームに突入するのであるが、

もはやそのムーブメントは日本のおば様たちが支えているものではなく、

世界的に世代を超えて拡大していった。

 

2020年、ドラマ「愛の不時着」「梨泰院クラス」

「サイコだけど大丈夫」が

ネットフリックスを経由して世界的に大ヒットし、ブーム再燃。

現在第4次韓流ブームの風が吹き荒れている。

 

その突風は、これまで比較的クールに生きてきた私の元にもやってきた。

何かにハマるとか、誰かにハマるとか、「私の人生には起こりえない」と

思っていた。

まして、韓流にハマることは、絶対にないと思っていた。
そんな私が「愛の不時着」の沼にまんまとハマってしまったのだ。

 

コロナが落ち着いたら、聖地韓国へ巡礼の旅に出よう。

それが目下、私の夢。

 

そして、もしかしたら、聖地で出会ってしまうかもしれないのである。

絶対にハマることはないと思っていた私に韓流の風が吹いたように、

人生は何が起こるかわからない。

「絶対にない」なんてことはあり得ない。

 

『サランヘ トミタシノッシ(愛しています、富田志乃さん)

 

たまたま入った、江南(カンナム)のカフェで

ヒョンビン(「愛の不時着」の主演俳優)と出会い、

恋に落ちるかもしれない。

 

愛があれば言葉の壁なんてないというが、

 

『私も愛しています キム・テピョン(ヒョンビンの本名)さん』

 

答えられなければ、二人の愛は始まらないのである。

ハングルが読めなくても、難しい会話はできなくても、
ちょっとした日常会話さえできれば、
愛のチャンスは掴めるというものです。

 

〔文/編集者T〕


 

『すぐに使える「ひらがな韓国語」』

高 信太郎 /著
ISBN:978-4-8454-5096-1
造本:ロング新書

ハングルが読めなくても
【かな】で楽々マスター

・「ちょうむ ぺっげっすむにだ」→はじ め まして
・「ちょうん なるし くんにょ」→いい 天気 ですね
・「ぺーが こぱよ」→お腹が すいた
・「のむのむ きっぽよ」→とてもうれしいです
・「ういぎょん にまんねよ」→意見が 合うね
旅行やガイド、あらゆるシーンで大活躍!

はじめに 韓国語は、話せば話すほど面白くなる
1 思わず口をつく“とっさのひとこと”
2 出会った人と親しくなれる「短いフレーズ」
3 電話でよく使うフレーズ
4 数と暦
5 男と女の「愛のひとこと」
6 日本を紹介する
7 誤解をまねくひとこと
8 韓国語“連想暗記術”

 

著者について
高 信太郎(こう しん た ろう)
1944年愛知県蒲郡市生まれ。愛知県立蒲郡高校を卒業後、上京。印刷会社勤務、キャバレーの照明係を経て、漫画家となる。テレビ、ラジオなどでコメンテーターとしても活躍。韓国通として知られ、日韓の架け橋として奮闘。中国語にも造詣が深い。
主な著書に、『まんがで韓国語がしゃべれる』(光文社)『まんがハングル入門』(光文社)『マンガ落語大全』(講談社)などがある。