石倉三郎さんトークショー&サイン会


ishikura_img_02
芸歴50周年企画・『粋に生きるヒント』(KKロングセラーズ)刊行記念
石倉三郎さんトークショー&サイン会
【好評上映中、石倉三郎さん初主演映画「つむぐもの」の犬童一利監督をお迎えして】

日時:2016年5月15日(日)
14時00分~(開場:13時30分)

※トークショー終了後、サイン会を実施いたします。
(お持ち込みの本・色紙・グッズ等へのサインはできません。)
当日はマスコミの取材が入る場合がございます。あらかじめご了承ください。

場所:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー

詳細はこちらから
http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/9365/

高倉健、坂本九、市川崑、北野武、大物映画人・芸能人との貴重なエピソードをはじめ、80年代一世を風靡した「コント・レオナルド」の秘話、大好評上映中の初主演映画「つむぐもの」についてなど、数々の深い話を、芸歴50年を記念して自叙伝『粋に生きるヒント』を刊行された石倉三郎さんに語っていただきます。極貧の家庭に生まれ、世知辛い芸能界で役者稼業をどのように勝ち取ってきたのか? 「僭越ながら、わたくし、石倉三郎がしばし語らせていただきます」の前口上から、全編べらんめえな口語体で読者に語りかける痛快自叙伝『粋に生きるヒント』の世界を、ライブで楽しめます!スペシャルゲストに映画「つむぐもの」の犬童一利監督をお迎えします!

石倉三郎(いしくら・さぶろう)
俳優
1946年生まれ。香川県出身。
1980年代には故レオナルド熊とコンビを組んだ「コント・レオナルド」として活躍。
1983年にはゴールデンアロー賞演芸部門賞を受けるなど、漫才ブームの一翼を担った。コメディアンの印象が強いが、元々は新劇の俳優志望で東映の大部屋に籍をおいたこともある。コントでブレイクする前から数々の商業演劇や映画に端役で出演しており、俳優としても筋金入りのキャリアを持つ。近年は硬軟を使い分ける演技力が重宝され、映画やドラマへの出演が引きも切らず、映画では、市川崑、北野武、井筒和幸らの名匠、異才との仕事で強い印象を残す。ジャンルを問わない多彩な演技が魅力だ。
2016年、犬童一利監督作品の映画「つむぐもの」で、初の主演を務める。

▼参加定員 : 80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
▼申込方法 : 当店で対象書籍をお買い上げのお客様に1階カウンターにて、
参加整理券を差し上げます(参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます)。
また、お電話によるご予約も承ります。(TEL:03-3281-8201)
▼対象書籍 : 『粋に生きるヒント』 本体1000円+税
※お預かりした個人情報(氏名・電話番号)は、お申込みの講演会が中止、もしくは日時が変更になった場合のご連絡のみに使用致します。

主催:八重洲ブックセンター   協賛:KKロングセラーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

■2017年10月の新刊

KKロングセラーズ公式メルマガ

求人募集

ピックアップ商品

  1. AC001
  2. 201701-2
  3. 201702-1
ページ上部へ戻る