生き方のヒントをくれる赤ちゃんセンパイ 野澤 幸司 /著

202008-1

生き方のヒントをくれる赤ちゃんセンパイ 野澤 幸司 /著 岡田 浩之 /監修  (202008-1)

販売価格(税別)
¥1,400
在庫状態 : 在庫有り
ISBN:978-4-8454-2462-7
造本:四六並製

「人生に迷ったときは、赤ちゃんに聞け! 」
超人気コピーライターが発信する、新時代のビジネス啓発書

無垢で何も考えていないように見える赤ちゃん。でも、そんなかわいい外見に反して、
実は彼らはさまざまな戦略を企て、大人から愛され、生き抜いていくために、日々プレゼンし、実行しています。
そのスキルたるや、実は下手な大人よりスゴイ。
コーチングの先生より、新人研修のセンパイより
実践的なスキルを身につけています。
しかも無意識でやっているから、なおスゴイ。
そんな赤ちゃんから学ばない手はない!

人生に迷ったら、仕事につまずいたら、
その答えは赤ちゃんが教えてくれる!
だって、みんなかつては赤ちゃんだったのだから。
かつては、誰でもみにつけていたスキルだったのだから。

本書は赤ちゃんの生態の不思議を通じて、現代を生き抜くための
ヒントがつまった一冊です。

全ページオールカラー!
かわいくて、あったかくて、ちょっと笑える赤ちゃんの写真が満載! !
(すべて一般の方からご提供いただきました)

ロンドンブーツ1号2号 田村淳さんも大絶賛!
「新しい視点!いつもまっさらな笑顔を向けてくれる
赤ちゃんが、社会をうまーく生きる戦略を熟知した
「大先輩」に見えてきた!」

【もくじ】

1章) 赤ちゃんはスーパービジネスマン
――仕事にも活かせる赤ちゃんのスキル――

2章) なぜか愛されるコミュニケーションマスター
――赤ちゃんに学ぶ人間関係の築き方――

3章) 赤ちゃん、またの名を学びの達人
――大人顔負けの赤ちゃんの学習術――

4章) 産まれたときから人生の達人
――目からウロコな赤ちゃんの人生観――



著者について
野澤 幸司(ノザワ コウジ)

茨城県牛久市出身。竜ヶ崎第一高等学校、青山学院大学法学部卒業。
ハガキ職人を経てコピーライターに。普段はいろいろな広告のコピーやCMを考える仕事をしている。
著書に『妄想国語辞典』(扶桑社)、『同僚は宇宙人』(小学館)、『10分あったら、どう考える?』(大和出版)などがある。

監修:岡田 浩之(オカダ ヒロユキ)
玉川大学脳科学研究所応用脳科学研究センター教授。
赤ちゃんの発達とロボット知能の融合などをテーマに研究している。
赤ちゃん研究とロボット、一見関係ないこの二つを繋ぐもの、それは、しなやかな知性の仕組み。
人にやさしいロボットを創ることは人を理解する鍵となる、そう信じて研究を続けている。
ロボット研究の先に見える人の心、人の心を解き明かしたい。
数量

関連記事

2020年11月新刊

Facebookページ

Instagram

求人募集

オンラインマガジン配信スタート!!

中田敦彦さんのYouTube大学で紹介!


垣本充・大谷ゆみこ共著『完全菜食があなたと地球を救うヴィーガン』が中田敦彦さんのYouTube大学に取り上げられました!

送料・ご購入方法につきまして

メルマガ登録で動画プレゼント

KKロングセラーズ公式メルマガ

斎藤一人さん無料音声プレゼント中!

ロング新書に斎藤一人初登場!
特典音声プレゼント中!
特典音声のお申込みはこちらから
ページ上部へ戻る