一家を破滅させる「孤独病」 浅川雅晴/著


20171124-3
20171124-3

一家を破滅させる「孤独病」 浅川雅晴/著  (20171124-3)

販売価格(税別)
¥1,000
在庫状態 : 在庫有り
ISBN 978-4-8454-5039-8 造本:新書

内容紹介 世間を騒がせた、電通の過労自殺事件。 ——せっぱつまって自殺する若者が、ここ3年で急上昇している。 スマートフォンやTVゲーム、パソコン、インターネットの長時間利用は、 心の病気を患う危険をともなう。 これらの機械類の長時間利用は、寝付きが悪くなり、睡眠時間の減少を招く。 すると抵抗力が弱まり「うつ病」になる。 また新型の病気として「孤独病」をひきおこす。 未来ある子供達を、「孤独病」に患らせてしまうと、 職場や学校での対人関係がうまくいかず、 機械にしか興味を示さなくなり、 いわゆる、引きこもりやニートになる。 社会復帰ができずに、ためこんだストレスは、 最悪、自殺か他殺に向かう危険性を伴う。 親や家族まで破滅の危機にさらされる怖い病気である。
数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

■2017年10月の新刊

KKロングセラーズ公式メルマガ

求人募集

ピックアップ商品

  1. 201702-1
  2. AC001
  3. 201701-2
ページ上部へ戻る