幕末・維新の真相史 武田鏡村/著


20171120-1
20171120-1

堕ち蟬 小橋隆一郎/著  (20171120-1)

販売価格(税別)
¥1,400
在庫状態 : 在庫有り
ISBN 978-4-8454-2411-5 造本:四六並製

内容紹介 現役医師が入念な取材を重ね 臓器移植の危険性や問題点を世に問う、 本格派医療小説。 主人公の新町京祐は、医師を目指す医学部生。 しかし、突然襲いかかった病魔で入院、腎炎から慢性腎不全を患う。 退院後、引き続き医師を目指して研修を行うものの、 人工透析が必要な、不具な身体になってしまう。 日本では合法的方法として、脳死から提供される生体腎移植があるが、 希望して待っていても絶対的に提供者の数が少なく、物理的に不可能といわれる。 そんな彼の元に、全国腎移植推進協会を名乗る男から、 フィリピンでの臓器移植の話が持ち込まれる。 貧困のため、二つある腎臓の一つを売りたい人がたくさんいて、 裏で売買されているとか。 倫理観にさいなまれる主人公だが、 ついに決心をし旅立つ。 手術は成功したかのように見えたが……!?
数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

■2017年10月の新刊

KKロングセラーズ公式メルマガ

求人募集

ピックアップ商品

  1. 201702-1
  2. 201701-2
  3. AC001
ページ上部へ戻る