【真説】日本誕生II 神武天皇が攻めた「卑弥呼の邪馬台国」は鹿児島にあった! 加治木義博/著


201606-3
201606-3

【真説】日本誕生II 神武天皇が攻めた「卑弥呼の邪馬台国」は鹿児島にあった! 加治木義博/著  (201606-3)

販売価格(税別)
¥1,388
在庫状態 : 在庫有り
内容紹介
あなたの常識が180度変わる「日本古代史の真説」第2弾。邪馬台国の都は、北九州説か畿内説で論争が続いているが、地名と古文書をつきあわせると、「鹿児島県霧島市隼人町」にあった⁉︎ 神話上の人物とされさている神武天皇が実際に存在し、卑弥呼が破れた「邪馬台戦争」が、実は「神武天皇の東征」だったことを解明。また朝鮮半島までが和人(日本人)圏であり、魏や燕と官吏を交わすほど活発に交流していたこともあきらかにしていく。

著者について
加治木 義博(かじき よしひろ) 故人。鹿児島県出身、歴史言語学者。 「言語復元史学会」を主宰。 著書にベストセラーとなった『真説ノストラダムスの大予言』がある。
数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ポケット版 感動の条件





■2017年8月の新刊

KKロングセラーズ公式メルマガ

求人募集

ピックアップ商品

  1. 201701-2
  2. 201702-1
  3. AC001
ページ上部へ戻る