がん遺伝子治療はここまで進化した /吉田 治 (著)


201602-4
201602-4

がん遺伝子治療はここまで進化した /吉田 治 (著)  (201602-4)

販売価格(税別)
¥1,600
在庫状態 : 在庫有り
内容紹介
誰もが恐れる「ガン」の再発。遺伝子治療なら、それを防げる! 遺伝子治療によるガン治療を紹介した画期的な前著『「遺伝子治療」はがんをここまで消してしまった! 』から2年。その後、進化した遺伝子治療について紹介いたします。有名人のみならずガン患者が増加する昨今、多くの方に読んでいただきたい一冊。

内容(「BOOK」データベースより)
標準治療+遺伝子治療で効果をパワーアップさせるばかりか、その限界をも超える!画期的症例が続々!

著者について
吉田/治 杏林大学医学部卒業。1986年より杏林大学医学部付属病院で消化器外科、1988年より東京逓信病院で主に消化器外科(胸部血管外科)、1993年より杏林大学医学部付属病院で呼吸器外科、消化器外科。1990年より全国20カ所に医療提携クリニックを併設。2008年より体性幹細胞療法に取り組み、2010年よりさくらクリニックにて幹細胞を採取して培養するCPC施設を併設。幹細胞やその培養上清液を投与する幹細胞療法を施行している。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
吉田/治
杏林大学医学部卒業。1986年より杏林大学医学部付属病院で消化器外科、1988年より東京逓信病院で主に消化器外科(胸部血管外科)、1933年より杏林大学医学部付属病院で呼吸器外科、消化器外科。1990年より全国20カ所に医療提携クリニックを併設。2008年より体性幹細胞療法に取り組み、2010年よりさくらクリニックにて幹細胞を採取して培養するCPC施設を併設。幹細胞やその培養上清液を投与する幹細胞療法を施行している。また一般社団法人細胞・遺伝子・染色体研究センターにて細胞や遺伝子、染色体の臨床的応用に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

いい訳しない生き方。 ヒロミ/著





■2016年11月の新刊

求人募集

ピックアップ商品

  1. SK002
  2. US005
  3. hara0328
ページ上部へ戻る