もう一度読みたい昭和の性愛文学 谷沢永一/著


201601-4
201601-4

もう一度読みたい昭和の性愛文学 谷沢永一/著  (201601-4)

販売価格(税別)
¥1,000
在庫状態 : 在庫有り
内容紹介
戦前戦後性研究の系譜・逆説的性交描写・ブルーフィルムのよき時代……「性とは何か」を教えてくれるのは決して「性研究書」ではない。小説の優れた「性の描写」こそが官能の歓びの真実を教えてくれる。——文芸評論家・書誌学者の谷沢永一氏の力作。

著者について
谷沢/永一
1929年6月——2011年3月。大阪市生れ。関西大学大学院博士課程修了。専門は書誌学、近代日本文学。関西大学文学部教授を経て、名誉教授をつとめた。評論家としても多方面で活躍し、サントリー文学賞、読売文学賞、毎日書評賞を受賞。主な著書に、『いつ、何を読むか』(ロングセラーズ)、『紙つぶて自作自注最終版』(文藝春秋)など多数。
数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ポケット版 感動の条件





■2017年3月の新刊

求人募集

ピックアップ商品

  1. 201702-1
  2. AC001
  3. 201701-2
ページ上部へ戻る