斎藤一人 地球が天国になる話


SH032
SH032

斎藤一人 地球が天国になる話  (SH032)

定価(税別)
¥905
販売価格(税別)
¥905
在庫状態 : 売切れ

斎藤 一人

この問題に気がつくとすべての謎が解けます

劣等感の克服が人の修行
人はなぜ劣等感を持つのでしょう
未熟な親は自分の劣等感を子どもにぶつけてうさ晴らしをする
自分の偉さを見せて威圧しているお母さん
いい子にしているときだけ喜んで、
気に入らないとブスブス文句を言う親


親が子どもに劣等感を与えているんだよ

子どもは、人が喜ぶことを常にしていないと
自分は無価値だと思ってしまう
子どもは親に元気の気を奪いとられ無気力になる
劣等感があっておとなしい子を、
劣等感のある攻撃的なやつがいじめる
自分が親から受けてきた劣等感が原因だと気づいていない親
劣等感を持っている人は、自分が劣等感を
持っているのがバレるのが一番嫌なの


あなたが劣等感を持ったのは、あなたのせいじゃない

周りが未熟なんだ
人が楽しんでいたら「良かったね」って言えればいいんだよ
劣等感をやめようよ


因果を断ち切ればいいんだよ

お母さんも自分の親にやられてきたんだよ
人に劣等感を与えないように気をつけなよ
闘うことないの。気づいてあげればいいの
親も学校の先生も未熟だったの
一生懸命やってても好かれない人、うまくいかない人は、
 自分が楽しそうにやってるかどうか考えてみて


人が不幸になる最大の原因は劣等感

子どもってものすごく繊細なんだよ、嘘つけないんだよ
「いつも自分をほめてて欲しい、見てて欲しい」
なんて、劣等感のない人は言わないよ
もし自分が不幸なら、
自分の中に劣等感があるんじゃないか考えてください
何回生まれても、この劣等感を持ったまま
幸せになることはできないの
「私のことは神様が認めてくれているんだ」そう思えばいいの


「この人が劣等感から救われて、幸せになりますように」と念じてください

劣等感のある人を見抜く方法
やられている人はどうしたらいいでしょう


あなたの中の悪徳裁判官と縁を切ってください

子どものとき受けた劣等感を
大人までひきずってしまうのは悪徳裁判官のせい
劣等感を何度も何度も繰り返して嫌な気分にさせているのは、
自分の中にいる「悪徳裁判官」
この悪徳裁判官は自分のことだけでなく
人のこともいろいろ序列をつけたりするんだよ
あなたは一番最初は無実の罪だった


心の穴は「天国言葉」で埋めてください

言霊の力で見事に治ります
でも幸せになれないというあなた。
劣等感を与え続けられている人に依存していませんか
本当はあなたを虐待しているのは、あなたなんです
うっぷん晴らしの覚せい剤を打つのはやめようよ
すべてを見抜いたとき、あなたに起きている現象が変わります。
別の人生を歩めます


自分を愛して自分を尊重すればいいんだよ

「人から同情のエネルギーを引っ張り出す哀れみ型」
劣等感の正体は「恐れ」
この「恐れ」から抜け出した人は天国に行ける
完ぺきになる努力をしないで
「よく頑張っているよな」と見てください


みんながみんなのことを尊重したとき、たちまち地球が天国になる

「恐れ」や、「劣等感」が「戦争」を起こすんだよ
自分を愛すれば、自分が変わるの
恐れより愛を出してください
誰が何と言っても神様はあなたをずっと認めています


最後の神様

本当の「死神」は天使
引きずっている過去から切り離してくれるのが、最後の神様
死を考えるときに、人はまともに愛の道に戻れる
人は何度も生まれ変わるから死を恐れることはない
死神は「一緒に行こうね」って連れていってくれる最高の天使
死という天使はあなたの心の中に変化を起こさせてくれる
神様は全員が嫌がり全員が困るようなことをしないんだよ

売切れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ポケット版 感動の条件





■2017年4月の新刊

求人募集

ピックアップ商品

  1. 201701-2
  2. AC001
  3. 201702-1
ページ上部へ戻る