愛と命と魂と ~生きてこそすべて~ 歌舞伎町駆け込み寺


GH002

愛と命と魂と ~生きてこそすべて~ 歌舞伎町駆け込み寺  (GH002)

定価(税別)
¥1,400
販売価格(税別)
¥1,400
在庫状態 : 在庫有り

玄 秀盛

第一章 四人の母と四人の父のはざまで

生後五年間の空白
実母に捨てられた梅雨の日
なんやの、こんな子、連れてきて
他5項

第二章 憎悪と自暴自棄

半分笑いながら義父はシャワーで熱湯をかけた
家族に見捨てられた一人暮らしの中学生
カツアゲ、シンナー、婦女暴行ざんまい
他5項

第三章 強欲といやしい争い

寿司職人見習いから数え切れないほどの職場を渡り歩いた
同級生と二十一歳で結婚
初めて手に入れた自分の城
他5項

第四章 人のぬくもりなんか偽善や

会社を作るのが趣味
幻の一家だんらんと、うたかたの女遊び
ヤクザと抗争する一匹狼
他3項

第五章 修行の果てに宿った中途半端な仏心

キャデラックにダブルのスーツで乗り込んだ比叡山
生き仏・酒井大阿闍梨との出会い
誓うに誓えない十善戒
他5項

第六章 ロータリークラブの玄から会社も家族も失って

阪神大震災の地獄絵図
テント村での喜怒哀楽
被災地で痛感した金のありがたみと人のぬくもり
他4項

第七章 不治の病の宣告――生きた証を残したい

複数の顔を使い分けて満喫した東京新生活
金を守るため何でもやってきた、死と背中あわせの日々
突然訪れた不治の病の宣告
他5項

第八章 歌舞伎町からの自己再生始動

崖っぷちこそ、本領発揮できる場所
色あせて見えた金もうけの世界
弱者のための駆け込み寺構想
他4項

第九章 未来を拓く新たなる巡り逢い

一般社団法人に ジレンマの日々
すれ違う思い
ボランティアにとっての分岐点
他5項

第十章 熱あってこその人のつながり

休むことも覚えた回遊魚
実家族の駆け込み寺にはなれない
最もわかりあえないのが家族である
他8項

第十一章 命のおせっかいをどんどんしていこう

震災がもたらしたもの
命とは何か、しあわせとは何か
人を掬うことが救うこと

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

■2018年9月の新刊

KKロングセラーズ公式メルマガ

求人募集

ピックアップ商品

ページ上部へ戻る