哲学教授が教える ヤレる女、ヤレない女


WK002
WK002

哲学教授が教える ヤレる女、ヤレない女  (WK002)

定価(税別)
¥905
販売価格(税別)
¥905
在庫状態 : 売切れ

鷲田小彌太

哲学教授ワシダコヤタが読み解く、イイ女論なのである。いざ、一読あれ!(本人談)

目次
はじめに
第1章 「ヤル」とはどういうことか その論理と倫理
 ・男とは何だ!「セックス・アニマルである」
 ・男とはあらゆるものとヤルことができる
 ・男はあらゆる女とヤルことができる
 ・男はベッドの中でモラルを失う
 ・男とは何だ?「モラル・アニマルだ」
 ・男は女としかヤラない
 ・男は一人の女としたヤラない
 ・ベッドの中にこそルールがある
 ・セックスは人間に欠かすことのできない生産活動だ
 ・人間における人間の生産
 ・「家族」は人類とともにあり続ける「不滅だ」
 ・「生産中心」の時代が終わり始めた少子化の時代
 ・セックスは最大の「快楽」(浪費)だ
 ・産むセックス
 ・産まないセックス
 ・産みたくないセックス
 ・産みたいセックス

第2章 ヤリたい女の見分け方その判断と実践
 ・見分け方などない
 ・見分けてズバリ的をはずさない方法などない。これが絶対命題である
 ・わからない。だから未知の対象として近づく
 ・相手次第だ、と観念す。しかし、相関関係とは自分次第でもあるのだ
 ・ヤリたい女、ヤリたくない女
 ・ヤルまでの過程がいい女
 ・個人生活に無関係がいい
 ・関係を漏らさない女でhなくては
 ・未熟には手を出すな
 ・ヤレる女、ヤレない女
 ・すぐヤレる女はやっかいだ
 ・ヤリたい女とはヤレないものだ
 ・成熟した女がいいに決まっている
 セックスフレンドに風俗嬢は
 ・すけこましの「イイ女」
 ・愛はビジネスでないって?
 ・ビバ、セックスフレンド
 ・自分がやるのはいいが、女房がやるのは許せない
 ・恋人と女房の違い
 ・他人の女房とやるのがイイ
 ・とがめられることがないように

第3章 女なしに夜も日も明けない 男的人間論
 ・人間は性器である
 ・目にものをいわす
 ・コミュニケーション
 ・玉磨かざれば
 ・女は露出する
 ・闇の力
 ・開きっぱなしは弛む
 ・「短い死」=破壊と想像
 ・女の「死「」は欲深い
 ・忘我の極
 ・生命力のバロメータ
 ・女、この不可思議で単純存在

売切れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

■2017年10月の新刊

KKロングセラーズ公式メルマガ

求人募集

ピックアップ商品

  1. AC001
  2. 201702-1
  3. 201701-2
ページ上部へ戻る