ニッポン興国論

MM005

ニッポン興国論  (MM005)

定価(税別)
¥1,600
販売価格(税別)
¥1,600
在庫状態 : 売り切れ

松田 学

第一章松田学が示す「日本力倍増」への道

興国論1 自立こそが「強い日本を創る」条件!

ニッポンの新しい軸は、自立、独立自尊
ニッポンに必要なのは?思考の維新?
自立から責任が生まれ?生き甲斐?が生まれます
日本が目指す姿は?戦前?にあった
?戦後の日本?は本当の日本ではありません
日本の独自の強さを見極めて、徹底活用する!
自立で得られる自由こそ?本物の自由?です
強い日本に必要な?日本新秩序?がある
変化に対応する力が、日本力倍増のカギ

興国論2 国主導でまず「デフレ」を解決する!

日本は本気でデフレを解決していない
デフレの本当の意味はあまり知られていません
デフレは?資本主義?を壊します
超高齢化社会こそ、デフレの本当の原因です
グローバリゼーションもデフレの原因です
?金融政策?ではデフレは克服できません!
デフレを治せない日銀の金融政策の真実
デフレは、国家主導で治すべきものです
現実的な?答?の第一弾は?公共投資の拡大?

興国論3 三〇〇兆円のインフラ投資が日本を強くする!

構造改革が、日本のデフレを加速させた
おカネが回らないから、みんな目が回っている!
ただし、昔の?公共事業?ではありません
疑問の余地なく社会的に必要な実需に応える
政府投資のテーマは百出状態
政府投資倍増でお金をどんどん回す!
次に出番を待っているのが巨額の?民間建設投資?です
国家基盤を強化して?未来への投資?を進める!
ニッポンの希望を描く
未来への社会インフラ整備

興国論4 「コストからバリューへ」の革命で超高齢化社会をチャンスにする

二、八〇〇兆円の金融資産を有効活用する
未来に向けて金融資産の中身を進化させる
高齢者が喜んでお金を使う社会を創る
超高齢化社会の新?医療財源?システムを考える
多様な価値を生んで、成熟ストック経済を作る!

興国論5 震災復興から日本力倍増へ

震災復興でGDPをアップする
経済計算を超えた?思い入れ?で経済を拓く
?日本力倍増?のキーワードは、?未来への投資?
日本が成長する?経済力倍増五カ年計画?
?未来創造力倍増計画?に向かう?経済成長革命?

興国論6 守りの経済でなく、挑戦する経済へ!

人口減少社会でも成長力倍増は可能です
未来への?悲観的想定?が日本力を弱める
未来へ投資する金融と財政規律が、国の未来を開く
TPPを興国の手段にする決意こそ?真の自立?への道
ニッポンの希望を描く
未来に向けて進化する日本の資本主義経済の姿


第二章世界一幸福なユートピア、ニッポン
?高齢者が元気な「安心社会」を創る
 
ニッポン興国とは?生き甲斐?を創ること
日本で進行する目に見えない危機の正体
高齢者が?お金を使う?幸福な社会を目指す
日本に欠けているのは幸せへの?ストーリー?
必要なのは?生産し活動し消費し投資する?高齢者の物語
高齢者が喜ぶ社会こそ、強く幸福な国です
高齢者雇用が増えても、若者の雇用は圧迫されない
高齢者が働く新たな場は、たくさん生み出せます
?答?は高齢者が地域に作る?公?のモデル創り
高齢者が世界一幸せなニッポンを創る!
横串を通して幸せな?地域社会?づくりをする!
地域でアクションを設計し、地域による経済成長革命を!
高齢世代の幸せは、若者世代も幸せにします!
?生き甲斐の不確実性?を克服するニューディールを!
自立をサポートする?社会保障政策?のススメ
ニッポンの希望を描く
未来の社会保障


第三章ニッポンが世界の手本になる
?世界の課題解決センターへ、日本の新たなる勃興への道

ニッポン興国を担うのは、国のあり方を自ら考える国民
日本の強さは?みんなの課題解決力?です
日本は世界の知恵袋?シンクタンク?になる!
日本は世界を導くお手本になれる
日本には、世界を変える歴史的使命があります
ニッポンの希望を描く
環境とエネルギーの未来
日本の農林水産業の将来像
未来に向けた日本外交のシナリオ
未来の日本の社会と教育
文化大国ニッポン


第四章ニッポン興国のための経済論
?希望を語るために、知っておくべきことがある

一、消費税は「国力」を上げる武器になる

消費税増税の本当の意味を知っておく必要があります
実は、消費税率引上げで国民負担が増えるわけではありません
社会保障の安定こそ?国民の生活が第一?
?自立と助け合い?こそが、未来の国家像の基本

二、消費税増税が景気を良くする道がある

消費税増税で?デフレ?になったという間違い
?財政よりも経済成長?だけでは他者依存です
消費税は上手に上げればデフレ対策にもなります
要注意なのは、?グローバル金融市場?
国債は国内で消化されていても、実は危険
消費税を上げないと景気がもっと悪化する理由があります
?赤字国債?と?建設国債?には違いがある
財政規律とは、?赤字国債?の問題
?第三の道?が??経済政策?と税の一体改革?
消費増税で景気をよくする究極の財政政策がある

三、財政を「見える化」して大改革する

?マニフェスト違反?の意味が問われている
日本は、先進国でいちばん税金が安い国です
日本は、公務員の数も人件費も最低水準です
真の課題を国民に見えやすくするべき
財政運営を?見える化?する大改革案がある
国民の国民による国民のための財政運営を実現する

四、緊急提案「無期限国債」が日本を救う!
 
財政を?経世済民?のインフラにすべきです
日本は、どこかで道を誤ったのかもしれません
経済成長で、財政はかえってパンクする
日本を救う特別のファイナンス手法がある!
常識破りの?永久国債?が日本を強くする!
ケインズ革命を超える新しい知恵が必要です
ニッポンの希望を描く
未来の財政
エピローグ?「国家の誇り」が興国の基本である

売り切れ

関連記事

2020年6月新刊

著者動画プレゼント

KKロングセラーズ公式メルマガ

Facebookページ

Instagram

求人募集

斎藤一人さん無料音声プレゼント中!

ロング新書に斎藤一人初登場!
特典音声プレゼント中!
特典音声のお申込みはこちらから

KKロングセラーズ公式メルマガ

ページ上部へ戻る